料金について

医学部予備校の授業料は、昔と今とではかなり異なっています。それではどのように変わったのか、そのあたりを見ていきたいと思います。医学部予備校の年間授業料は、以前は200万円程度が相場でした。しかしながら、現在においてはかなり安くなっています。年間で160万円程度です。中には100万円を切る医学部予備校も出てきています。少人数制で授業を行っているにもかかわらず、大手予備校の授業料と遜色のない価格を提示している予備校もあります。医学部予備校は全体的にこのようにどんどん授業料が減額されています。授業料だけでなく入会費の免除や授業料の一部免除など、いろいろなキャンペーンもやっています。医学部予備校を入学する人は、こうしたキャンペーンを活用することをお勧めします。

医学部予備校と大手予備校の授業内容の変遷について、書いていきたいと思います。ここでは盲点になりがちな英語を例に挙げましょう。これまでは、英語の授業といえば長文読解対策が中心でした。しかも、昔においては英文解釈系の授業が多かったのです。医学部で出題される英語の入試問題は比較的に短いものが多かったのですが、何回な文法や難易度の高い単語が駆使されていました。そこで、こうした英文をきちんと分析して和訳できるような訓練がなされてきました。しかしながら、近年においては英語長文の長文化が起きています。そのため、細部にこだわりすぎずマクロ的な視点をもった読解法が推奨されています。細部ではなく全体でこの文章はどのようなことを言いたいのか、それを把握する読解方法です。これを教える予備校が多くなりました。