入試対策

大学入試で、英語は必須科目となっています。これから、社会へ出て生きていくにも、英語力は大切なものとされているのです。 国語や数学ができても、英語ができないと致命傷になりかねません。そこで、予備校でも英語に力をいれているところは多いのです。単に英語とっても文法だけとかヒアリングだけ得意でも、入試には対応できません。 最近の予備校では、単語や熟語はもちろんのこと、長文の読解能力をつけることに力をいれています。長文といっても、論理的な思考が必要とされます。さらに、速読の力も必要です。 これは、難関大学であればあるほど、長文の読解能力を必要とされるのです。それにあわせて、予備校でも難関校をめざすコースでは、この練習に力をいれる傾向にあり、これからもその傾向は続くでしょう。

大学入試では、大学によって出題される問題の傾向も違うので、前もって計画を練ることが必要です。自分の行きたい大学の傾向をつかんだら、たとえば、単語や熟語がよくだされるのなら、そこは絶対に落とさないように勉強しておくことが必要です。 また、読解が大事であれば、予備校でもそのようなコースをとることをおすすめします。 また、インターネットでみると英語に強い予備校の一覧も出ています。迷った方は調べてみることをおすすめします。すでに通う予備校があるのなら、夏休みの数日の限定コースだけでも、受講してみる価値はあるでしょう。 もし、英語が苦手なら、少人数の教室を選ぶことも必要です。質問もしやすいのです。入試の勉強は英語だけでなないので、無駄のないよう、効率よく学ぶことが必要なのです。